休憩時間は??

ある病院を例にとると。
勤務時間が日勤 8:30~17:30(休憩1時間)
夜勤(準夜・深夜続け) 15:30~9:30
日勤の休憩はよっぽど忙しい時でない限り、1時間きちんと取れます。
しかし問題は夜勤の休憩で明確な休憩時間がないのです。
晩ごはんはちゃんと食べれますが(忙しいと2時3時まで食べれないこともあります)、看護師2~3人で50床近くの患者をみているので、ナースコールが鳴ればごはん途中でも取らなければならないし、仮眠もありません。
いちおう、記録などが終わってナースコールもならなければ、ジュースを飲んだり、すきな本を読むなどは自由です。
それも夜勤帯で入院患者(救急病院でもあるので、準夜・深夜の入院もかなり来ます。
多い時は夜勤看護師2人で入院2人なんてこともあります)がいたり、重症患者、急変がいればそんな時間は取れません。
休憩なしでも、一応勤務時間に仕事が終わってしまえば、超過勤務はつけれません。
しかも病棟には休憩室(仮眠室)がない場所もあります(当直医師用のものはありますが、看護師用はないし、各病棟にもそのような個室はありません)。これはもともと「看護師に仮眠させない」というように感じる職場もあります。
ですので選ぶ職場により夜勤の時間帯に仮眠したりしっかり休憩出来るかどうかは異なりますので、日中の休憩時間などはあまりどこも変わりありませんが、夜勤の時間は職場に休憩時間などもきちんと確認した上で働くことをお勧めします。
夜勤での休憩が無いのは身体的にも大変だと思うので自分に合った職場を探してみて下さい。
基本の休憩時間は日中では一時間の職場がほとんどです。
休憩時間は忙しさで無くなる場所ときちんと忙しくても取れる場所、職場により本当にバラバラなのが現状です。

パート看護師の一般的な勤務時間とは??

パート看護師の一般的な勤務時間は特に決まっていません。
理由は、パート看護師とは、時間や日数が予め決められていることがほとんどだからです。
病院などで看護師山河少ない時間に補充的な要素が強いので、一日三時間~五時間程度で週に三日もしくは四日ということがほとんどです。
ですので求人によりパート看護士師の場合は、勤務時間が大きく変わります。
主にパート看護師として働いているのは、小さな子供がいるお母さんなどが幼稚園に預けている間に少しでも働くなどで人気があります。
勤務時間に縛りがないので離職してて久々に看護職に戻る人にも人気があります。
パート看護師だから仕事内容に変わりがあるのかというとそうでもありません。
基本は看護師資格を持っている人になりますので仕事内容は同じになります。
パート看護師の良い所は、時間に余裕がある時に働くことが出来るので自分の時間を多く取ることができます。
勤務時間は採用される場所により異なる為、自分の都合の良い時間帯で勤務できる場所を探すことをお勧めします。
場所により待遇なども変わるため、残業が多い職場や、全く残業の無い職場などもありますので良く考えて勤務時間を決めた方が良いと思います。
パート看護師の場合は、勤務時間や日数など交渉すれば増やしたりすることも可能なので、初めて看護職するけど自信が無い人にもお勧めな働き方ともいえます。
時間に余裕があるのでどのような病院なのかをパートで勤務しながら見ていくことも可能です。
その中で自分にあった職場が見付かったら最初はパート看護師でも正式にパートから社員になることも可能なので色々見て周って自分に合った病院や職場を探しましょう。
ですから、一般的なパート看護師の勤務時間は特にありません。

夜勤看護師の一般的な勤務時間とは??

ある病院を例にとると、3交替制の場合、日勤は8:00~16:45・準夜勤は16:00~ 0:45、深夜勤は0:00~8:45となっていて、45分は重なる部分があります。
この申し送りの時間は最低15 分は設けられているのが普通です。
なお、夜勤の形態には、夕方から翌朝までの当直というものもあります。
2交替制に対する不安。
2交替制の場合、夜勤が12時間以上に及び、長時間の深夜勤務による疲れが問題となります。また、夜勤にあたる看護師の数は98年の夜勤実態調査では1割近くが1人体制で、夜勤時の対応不足など、大きな問題を抱えています。
3交替制で勤務している看護師は全体の54.1%、2交替・変則2交替制勤務は 18.O%(社団法人日本看護協会「2001年看護職員実態調査」)と、圧倒的に3交替制の方が多くを占めています。
しかし、93年の割合と比べると3交替制は減少し、2交替制 が増加していることがわかります。
2交替制にもまったくメリットがないわけではありません。
担当の看護師がめまぐるしく替わる3交替に比べて、患者さんに安心感を与えることができたり、働く当人にとっても次の勤務までのインターバルが長く、休みの予定が立てやすいといった声も聞かれます。
この2交替制か3交替制かという問題は、病院の規模やそこで働く看護師の数によっても左右され、大変複雑な問題です。
そこで、人手の必要な時間に層を厚くし、 看護師一人ひとりの負担を軽くするために、 いろいろなシフトも試されているようです。
例えば、2交替制や3交替制でも、時間を均等 割りせず、日勤の時間を長く、夜勤・深夜勤 を短くしている病院や、いっせいに交替するのをやめ交替時刻を少しずつずらすことで、できるだけ多くの人員を配置できるようにしている病院も出てきています。
新人看護師の第1ハードルは、この変則的な勤 務形態に慣れることです。
日勤を終えた後、そ の日の深夜に再び業務につくというパターンも3 交替制では当たり前のことです。
以前より夜勤回数は減っているものの、3交替制 では準夜勤・深夜勤を合わせて月7~8回の夜勤 を覚悟する必要があります。

派遣看護師の一般的な勤務時間とは??

派遣看護師の一般的な勤務時間は入る時間により変わりますが、ほとんどはフルタイムの勤務時間がほとんどです。
派遣看護師と普通の看護師の主な違いは、お給料などの発生先が派遣されている職場ではなく、派遣会社から直に頂くという所にあります。
後は派遣看護師はいつからいつまでというように期間が決められているので期間毎に更新するかどうか決めなくてはいけません。
それ以外は普通の看護師と違いはありません。
時間はフルタイムでの仕事となるので休憩なども一時間あります。
OLさんなどと実際の勤務時間は変わりませんが勤務時間以外にもサービス残業が多々あります。
平均的には一日一時間から二時間ほど残業しているという報告があります。
残業している人のほとんどは無給での残業となることが多いので、勤務時間に直すと一日長い人で半日位の時間働いてる人も多々存在します。
仕事の相手が病院などにいる患者様となり、人対人なので突然具合の悪くなる患者様や、急患が運び込まれると残業時間も更に延びます。
なので一概に勤務時間が何時間ということは出来ません。
残業の多い職場や、完全に決められた時間だけで残業の全く職場などもありますので自分が働く職場によって時間は変動します。
残業が多い分もちろん残業代を全額出してくれる職場もあれば、出しても半分出るか出ないかの場所がほとんどです。
自分のライフサイクルに合わせて残業の有無などを調べ、自分に合った職場環境を見付けることをお勧めします。
残業が多くても良いという人には問題ありませんが、子供などが小さく時間が無いという人の場合は残業が無い職場を選ぶことをお勧めします。
勤務時間は仕事をする職場で大きく変わることを頭の隅に置いて考えておく必要があります。
派遣看護師の一般的な勤務時間は、実働8~9時間程です。
後は場所により残業時間がプラスになります。

常勤看護師の一般的な勤務時間とは??

常勤看護師の一般的な勤務時間は入る時間により変わりますが、ほとんどはフルタイムの勤務時間がほとんどです。
呼び方的には正看護師と呼ばれることがあります。
時間はフルタイムでの仕事となるので休憩なども一時間あります。
OLさんなどと実際の勤務時間は変わりませんが勤務時間以外にもサービス残業が多々あります。
平均的には一日一時間から二時間ほど残業しているという報告があります。
残業している人のほとんどは無給での残業となることが多いので、勤務時間に直すと一日長い人で半日位の時間働いてる人も多々存在します。
仕事の相手が病院などにいる患者様となり、人対人なので突然具合の悪くなる患者様や、急患が運び込まれると残業時間も更に延びます。
なので一概に勤務時間が何時間ということは出来ません。
残業の多い職場や、完全に決められた時間だけで残業の全く職場などもありますので自分が働く職場によって時間は変動します。
残業が多い分もちろん残業代を全額出してくれる職場もあれば、出しても半分出るか出ないかの場所がほとんどです。
自分のライフサイクルに合わせて残業の有無などを調べ、自分に合った職場環境を見付けることをお勧めします。
残業が多くても良いという人には問題ありませんが、子供などが小さく時間が無いという人の場合は残業が無い職場を選ぶことをお勧めします。
勤務時間は仕事をする職場で大きく変わることを頭の隅に置いて考えておく必要があります。
正看護師とも呼ばれますので求人などをみて勤務時間を調べる際に間違わないように注意すれば、残業が多いのか少ないのかなどもわかりやすいと思います。
常勤看護師の一般的な勤務時間は、実働8~9時間程です。
後は場所により残業時間がプラスになります。

準看護師の一般的な勤務時間とは??

準看護師の一般的な勤務時間は入る時間により変わりますが、ほとんどはフルタイムの勤務時間がほとんどです。
仕事内容は、看護師と少し違い看護師や医者に指示されたことをメインに行います。
仕事内容は特に他の違いはありません。
時間はフルタイムでの仕事となるので休憩なども一時間あります。
OLさんなどと実際の勤務時間は変わりませんが勤務時間以外にもサービス残業が多々あります。
平均的には一日一時間から二時間ほど残業しているという報告があります。
残業している人のほとんどは無給での残業となることが多いので、勤務時間に直すと一日長い人で半日位の時間働いてる人も多々存在します。
仕事の相手が病院などにいる患者様となり、人対人なので突然具合の悪くなる患者様や、急患が運び込まれると残業時間も更に延びます。
なので一概に勤務時間が何時間ということは出来ません。
残業の多い職場や、完全に決められた時間だけで残業の全く職場などもありますので自分が働く職場によって時間は変動します。
残業が多い分もちろん残業代を全額出してくれる職場もあれば、出しても半分出るか出ないかの場所がほとんどです。
自分のライフサイクルに合わせて残業の有無などを調べ、自分に合った職場環境を見付けることをお勧めします。
残業が多くても良いという人には問題ありませんが、子供などが小さく時間が無いという人の場合は残業が無い職場を選ぶことをお勧めします。
勤務時間は仕事をする職場で大きく変わることを頭の隅に置いて考えておく必要があります。
準看護師の一般的な勤務時間は、実働8~9時間程です。
後は場所により残業時間がプラスになります。
準看護師も、正看護師も、常勤看護師もみんな勤務時間に変わりはありません。

看護師の一般的な勤務時間とは??

看護師の一般的な勤務時間は入る時間により変わりますが、ほとんどはフルタイムの勤務時間がほとんどです。
呼び方的には正看や常勤看護師と呼ばれることがあります。
時間はフルタイムでの仕事となるので休憩なども一時間あります。
OLさんなどと実際の勤務時間は変わりませんが勤務時間以外にもサービス残業が多々あります。
平均的には一日一時間から二時間ほど残業しているという報告があります。
残業している人のほとんどは無給での残業となることが多いので、勤務時間に直すと一日長い人で半日位の時間働いてる人も多々存在します。
仕事の相手が病院などにいる患者様となり、人対人なので突然具合の悪くなる患者様や、急患が運び込まれると残業時間も更に延びます。
なので一概に勤務時間が何時間ということは出来ません。
残業の多い職場や、完全に決められた時間だけで残業の全く職場などもありますので自分が働く職場によって時間は変動します。
残業が多い分もちろん残業代を全額出してくれる職場もあれば、出しても半分出るか出ないかの場所がほとんどです。
自分のライフサイクルに合わせて残業の有無などを調べ、自分に合った職場環境を見付けることをお勧めします。
残業が多くても良いという人には問題ありませんが、子供などが小さく時間が無いという人の場合は残業が無い職場を選ぶことをお勧めします。
勤務時間は仕事をする職場で大きく変わることを頭の隅に置いて考えておく必要があります。
正看護師や常勤看護師は全く同じ意味になりますので求人などをみて勤務時間を調べる際に間違わないように注意すれば、残業が多いのか少ないのかなどもわかりやすいと思います。
看護師の一般的な勤務時間は、実働8~9時間程です。
後は場所により残業時間がプラスになります。

看護職の残業の実態

看護という仕事は、人間が相手になりますので、時間通りに業務が終了しないという事は多々あります。
しかし、そういった場合にでも「手際が悪いからだ、能力がないからだ」として残業代が支払われていないケースが多いようで、当然、看護師からは不満の声が聞こえてきます。

また、看護以外の仕事での残業も頻発しているようですが、こうした残業についてはほとんどの場合が残業代として支払われていないという実態があります。
具体的には、研修という名目の仕事です。
しかし、こうした声とは裏腹に、残業はほとんどないという職場も中にはあるのです。
例えば、残業を少なくしようという方針の職場では、残業が多ければ多いほど、ボーナスの査定が低くなってしまうなど、極力残業をしないように・させないようにという努力が見えているのです。

また、看護師一人の受け持つ患者人数を大幅に減らすなど、看護師への負担を軽くするよう配慮してくれている職場などもあります。
今の職場で、残業が多い、残業代がもらえない、などの不満を抱えている看護師は、他の職場との違いを比較してみると良いでしょう。
今の職場のようなところばかりではないという事が、よくわかるはずです。
そして、今よりも負担の軽い職場へ移りたいと思うのであれば、迷わず転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントには、残業なし、高給料など高待遇な求人情報が盛りだくさんとなっており、そしてそのほとんどは未公開求人情報として扱われています。
今の職場環境に不満がある看護師も、その職場環境を変える事で満足の得られるものとなる可能性が非常に高いのです。
悪いのは、今の職場環境だけなのですから、転職すれば解決できてしまうのです。
残業時間が長くて嫌だと思う方がいたら極力残業の少ない場所を探してみることをお勧めします。

看護師の休暇体制は??

休暇と言っても何種類かあります。
92年5月から国家公務員に対して完全週休2日制が導入されたのをきっかけに、看護師が週に2日休める病院が増えてきました。
93年には、公立・民間の病院で、完全週休2日制を導入しているところが51.3%、隔 週週休2日としているところが31.2%となっています。
また、2001年には、完全週休2日制で勤務している看護師の割合が65.6%になるなど、以前と比べて大幅に増えてきています。

次に、看護師の有給休暇とは、就職すると、一般的に「年次有給休暇」という、給料が支払われる休暇がもらえます。
この年次有給休暇は、例えば年末年始休暇や夏季休暇に加えて、ゆっくり帰省したりする場合などにも有効に利用されています。
与えられる有総休暇(所定有給休暇)の日数は、勤務する病院によってまちまちです。
労働基準法によると、1年目で年問10日、次の年から1日ずつ増えて年問20日までと定められていて、看護師の有給休暇についても、ほとんどの病院がこの法にならって設定しています。

その他の休暇、これから学校に通って看護師になろうという若い方には、まだピンとこないかもしれませんが、介護休暇や育児休暇などもあります。
労働省(現厚生労働省)では、高齢化社会に対応するため、92年7月に要介護者の 範囲を配偶者・父母・子供とし、休業期間を3か月などとする「介護休業等に関するガイドライン」を策定しました。

これによって、看護師の職場でも介護休暇制度が取り入れれ、最も近い身内の看護をしやすい状況が生まれてきました。
92年4月から施行された「育児休業等に関する法律(現育児休業、介護休業等育児又 は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律)」により、育児休業・休暇も法的に認められるようになっています。実際の取得率は2001年で50.7%と、全国平均をやや下回っています。
そのかわり、取得週数は長くなりつつあります。
このように看護師の休暇は一生の仕事として出来るような充実した休暇制度があります。

看護休暇制度とは??

看護休暇とは、小学校へ就学開始時期に達する前までの子を養育する労働者が、事業主に届けることで子供の病気や負傷など看護のために、子の人数に関わらず1年間に5日を限度として休暇を取得できる制度のことです。
2005年4月施行の改正・育児介護休業法により、この制度は義務化されました。
導入の背景には、少子高齢化の日本において労働者の仕事と家庭の両立の負担を軽減し、働きながら子供を生み育てやすい雇用環境を整備することが課題となっていることが上げられています。

子供の看護休暇はとは??

(1)労働者の氏名

(2)子供の氏名と生年月日

(3)看護休暇を取得する年月日

(4)子が怪我をし、または病気になっている事実を事業主に申し出ることによって取得できます。

この看護休暇は、年次有給休暇とは別です。
また、看護休暇の有効期間は1年間となっており特別の規定がなければ4月1日から翌年3月31日までです。
それ以外の1年間とする場合には就業規則に定める必要があります。
子の看護休暇の申し出については、事業主は拒否することができません。
また子供の病気などによる看護のため、事業主は時季変更権の行使は出来ないこととなっています。
看護休暇の対象者については、以下の労働者は、労使協定を結びことで適用除外とすることが出来ます。

(1)継続雇用期間が6ヶ月未満の者

(2)週所定労働日数が2日以下の者

看護休暇中の賃金の取り扱いについては、法律上の規定はなく労使間により有給か無給か定めています。
看護休暇については、利用の促進と労働者とのトラブル防止のためにも事業主は、就業規則に運用規程を盛り込むなどの整備が必要です。
労使協定とは、労働者と使用者との書面による協定のことです。
労働基準法、育児介護休業法、高年齢者雇用安定法で定められた事項のいくつかについて、労使の合意のもとで適用除外を宣言するものです。
ですので看護休暇制度を利用する時は最低半年は働く必要があります。